読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんたくびより

アラサーが女子がゆる~くすすめる選択肢。散歩、読書、カメラ、日常の雑記です。

【本・暮らし】脳の休息と散歩

せんたくです。

ストレスを抱えたときによく散歩に出かけるんですが、最近散歩に行っても寝ても疲れが取れないときが多くなってきていて。

前々から気になっていたマインドフルネス(瞑想)について勉強しようと思いました。

この本、タイトルに「エリートが...」てつけられていていかにも自己啓発本な外見ですが、メンタルで悩んでいる主人公がマインドフルネスと出会う、あまりエリート関係ない読みやすい物語形式の本でした。

(何でこんなタイトルにしたんだろう...)

マインドフルネスとは?

マインドフルネスとは「瞑想などを通じた脳の休息法の総称」です。

瞑想というとどこか宗教みたいで胡散臭い感じですが、具体的には

歯磨きや単純作業などをしている時
・歯磨きしながら明日も仕事だ、ぐるぐる考え事をしているのがマインドレス
・歯磨きに集中して歯茎や腕の感触を意識するのがマインドフル

という違いです。

ながら作業で心ここにあらずでぐるぐる考え事すると脳が疲れちゃいますよ~。あえて1つのことに集中しましょう!という考え方です。

これを継続することで、ぐるぐる考えていた脳の負担が減ってトラウマ、ストレス、うつ病を改善する研究が進んでいるそうです。

瞑想しなくてもマインドフルネスはできる

いきなり瞑想はハードルが高いですが、歯磨きの例のように、日常で「あ、私また考え事してた」と気付いて目の前に意識を戻すことからでも脳は休まるそうです。

本で例として紹介されてたことは、

・産まれて初めて食べたように、目の前にある食事を味わう
IMG_4490


・日常や行ったことのない場所を歩き、自分のからだの動きを意識する
IMG_4509


・他の考え事をしたと思ったときに気付いてやめる


などなど。
ということで思い返すと私が散歩に求めいてたものは脳の休息なのかなぁという気がしてきました。

初めて行く場所は、否が応でも目の前に集中しますものね。


ストレスで不眠になったことがあるのですが、こんどそんな状態になったときには、「いまここに」を意識して、脳の負担を減らそうと思います。

寝たまんまヨガ 簡単瞑想〜リラックスした睡眠で不眠解消〜

寝たまんまヨガ 簡単瞑想〜リラックスした睡眠で不眠解消〜

  • Excite Japan Co.,Ltd.
  • ヘルスケア/フィットネス
  • 無料

過労死や自殺が話題になっていますが、本当にしんどいときには「明日は我が身」と思っていたこともありまして。

ストレスに気付いて目の前に集中、雑念を抑えて休むことで、つらい人が少しでも減ることを祈ります。


updated 2016/12/4

マインドフルを意識した結果

瞑想まではいかなくても、つい雑念が出たら目の前に意識を戻すを心がけるようになってから、不安や怒りでいっぱいになることは少なくなりました。
ご飯がおいしくなりました。
音楽が聞こえるようになりました。
景色が見えるようになりました。

悩んでいることを目の前に置かない、は健やかに生きるために大事なようです。

広告を非表示にする