読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

せんたくびより

アラサーが女子がゆる~くすすめる選択肢。散歩、読書、カメラ、日常の雑記です。

【暮らし】デルタ航空のコンフォートプラスシートで渡米疲れがぐっと減った話

アイテム 散歩 HUAWEI P9

こんにちは。せんたくです。

海外出張でアメリカに行く機会が最近増えたのですが、まず出張で一番最初に思うのが

 

うわー。。。またエコノミー12時間か。。。

 

でした。

たとえ映画を何本観られるとしても、あの狭い空間に、知らない人と12時間。。恐怖。

 

そこで目を付けたのがこれ。デルタ航空のゴールドカードです。

デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのサービス - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

 

もくじ 

デルタスカイマイルゴールドカードの特徴

年会費税抜き26000円となかなかのお値段かかってしまうのですが、ポイントは

  • 年会費がかかるが持っているだけで航空会社の上級ステータスになること

 通常は、デルタ航空を頻繁にご利用いただくスカイマイル会員の方にのみ提供される上級会員資格「ゴールドメダリオン」を、ご入会特典として提供いたします。デルタ航空のご購入航空券の運賃1米ドルにつき8マイル(*)のご獲得(スカイマイル一般会員は5マイル)に加え、優先搭乗や優先空席待ち、世界各地のスカイチームラウンジの無料利用をはじめ数々の特典をお楽しみいただけます。

  •  搭乗の72時間前になるとコンフォートプラス(いわゆるプレミアムエコノミーシート)に無償アップグレードできること 

 デルタ航空の一部国際線路線にてご利用いただける、ワンランク上の「デルタ・コンフォートプラス」。エコノミークラスに比べて足元が広く、リクライニング角度も大きな座席にてゆとりあるひとときをお過ごしいただけます。さらに、頭上の荷物棚の専用スペース、および「デルタスタジオ」のプレミアムエンターテインメントを追加料金なしでご利用いただけます。

ゴールドメダリオン会員様:ご出発の72時間前に空席があれば無料

 です。

アメリカに行く機会があるならデルタはまず選択肢に入る航空会社で、そのプレミアムエコノミーが無償でマイル修行なしで手に入るなら…。と、申し込んでみました。

 

さっそく無償アップグレードを利用してみた

デルタコンフォートプラスのアップグレードは、通常日本ーアメリカ間でおよそ12000円くらいします。

f:id:sentakubiyori:20160912230025p:plain

つまりカードの会費を考えると1年間で2回以上コンフォート席に乗られればまあまあお得になる計算。

(ところでファーストクラスの片道87万円って一体何事…笑)

 

ゴールド会員は、コンフォートプラス席が出発72時間前に空いていれば無償で変更できるチャンスがあります。(ちなみにシルバー会員は24時間前)

方法はウェブサイトでログインして旅程→座席変更の手順。

 

空いているかな…。

f:id:sentakubiyori:20160912230102p:plain

取れました!!(薄い水色がコンフォートプラス)

ちなみに復路は最前列を取ることができました。わーい。

f:id:sentakubiyori:20160912230153p:plain

 

72時間前でこれくらいの競争(空いてはいるがたぶん同じように空席無償アップグレードの人がいっぱいいる)なので、シルバー会員の24時間前は取れるかどうかわかりませんね。

これで準備は完了。

 

当日。まずはスカイラウンジへ

ゴールド会員が発券するとチケットにスカイプライオリティ/エリートステイタスと印字されます。

スカイプライオリティ専用レーンで手荷物手続きを進められるので、全然混雑しません。

空港内のデルタラウンジでこのチケットを見せると、ビジネスクラスとファーストクラスと同様にラウンジに入ることができます。

 

軽食と飲み物でゆったりできました。

https://www.instagram.com/p/BKKZbuvB4sk/

しばし旅立つデルタ達を見つめてぼーっとする時間。

 

https://www.instagram.com/p/BKKZBLXBX9p/

ラウンジでぼーっと。

 

ソファで座っていると、搭乗まであっという間に感じますね。

KindleUnlimitedで雑誌読んだりマンガ読んだりで暇つぶしできるのも大きかった。

 

デルタ・コンフォートプラスの座り心地

ついに乗れました。コンフォートプラスシート!

前列との間が広く、リクライニング角度がエコノミーの1.5倍と説明に書いてありました。

さらに、前列モニターの他に、足元にコンセントがあり、スマートフォンとパソコン、あるいはバッテリーを同時に充電できたりします。

f:id:sentakubiyori:20160912230400j:plain

アメニティはコンフォート専用の袋。開封すると耳栓と歯ブラシ、アイマスクが入ってました。(確かエコノミーはアイマスクのみ)

f:id:sentakubiyori:20160912230536j:plain

あとは、間食にアイスとちょっとしたお菓子(パニーニやピザみたいなもの)がこっそり追加されていたりします。シート以外もエコノミーと結構サービス違ったりするんですね。

 

復路で乗った最前列は足元が本当に広い。伸ばし放題でした。

手前にモニターがなくて「え…モニターなしで長時間?」と一瞬焦ったんですが、中からにょきっと出てきました。新幹線みたいな感じ。

f:id:sentakubiyori:20160912230620j:plain

私は体が小さいので前列との隙間はあまりエコノミーと比べて大きく違う印象は受けなかったのですが、リクライニング1.5倍はやっぱりすごいです。寝心地と疲労がこんなに変わるかと。一度これに乗ってしまうと、エコノミーがどんなに苦しいか改めてわかりますね。エコノミー=経済的。

 

まとめ

通常JALANAは、一生懸命クレジットカードでマイルをためて、飛行機に乗って…とかなり献身的に活動しないと(いわゆるマイル修行)手に入らないゴールドステータス。

それがクレジットカードを持っていれば手に入るデルタ航空はすごいと思いますし、ステータスの威力にびっくりしました。

お得かどうかは、年間どれくらいアメリカに行くかですね。

海外旅行を一度もしない人、日本の航空会社が好きな人には不要だと思いますが、スカイチーム大韓航空デルタ航空エールフランスなど)でも構わない、よくデルタを利用するという人にはとてもお得だと思います。

私みたいに飛行機は墜落しないなら機内食はまずくていいからぐっすり寝たいという人(←失礼)は持っていて損はないカードだと思います。

シルバーカードもあるけど、圧倒的にお得なのはゴールドかな。

 

それでは、皆様もよい旅を。

広告を非表示にする