せんたくびより

アラサーが女子がゆる~くすすめる選択肢。散歩、読書、カメラ、日常の雑記です。

【暮らし】なぜかズボラな女子でも続いてしまう「ルルルン」を考える

 ルルルン!

最近ルルルンにハマって毎日使っています。

きっかけはお土産でもらったご当地ルルルンですが、美容液やらなにやら買ってはじめは使ってもはそのままホコリかぶったりしてる私がなんとな~く続けられているかわいいやつ。アマゾンでもマツキヨでも、どこでも売ってます。

f:id:sentakubiyori:20160709210051j:plain

 

いつもは実家に帰ったときにお母さんの余ってるサンプル品もらったり、台湾のお土産で我的美麗日記買ったりはしてたんですが、結局洗面台に置きっぱなしで使わないことが多かったのですよね。

ちなみに我的美麗日記は最近は日本でも普通に売ってますが、台湾で買ったほうがお得です。ルルルンとは違って毎日使うタイプではないですが、紙の質がいいんでやっぱり台湾旅行で絶対買ってしまいます。

mybeautydiary-jp.com

ということで、数あるパックを買わずにルルルンだけが続いているわけを考えてみました。

 

ルルルンのいいところ

とにかく安い

7枚入りで税抜き400円くらいです。400円というと一人暮らしでだいたいご飯1食分、外食だと800円はするので、1週間に1回外食を我慢すれば毎日パックできる計算。簡単に毎日パック生活の費用は出すことができます。
 
さらに、お徳用の32枚セットや42枚セットを買えば、1枚40円弱とさらにお得。
「また美容とか言って高いの買ってしまった・・・・」というありがちな罪悪感にさいなまれることがありません。
 

7枚~32枚セットである

これ、意外とポイントです。1回開けると7枚(あるいは32枚)すべてが空気に触れます。ルルルンのような格安パックを買う人なら、毎日使わないと傷んでしまう!と考えてしまいますよね。途中でやめれば袋の中のパック全部が台無しになってしまいますから。全パック運命共同体。

結果、

全部使わないともったいない>毎日するのが面倒くさい

という心理がはたらいて、毎日パックが習慣化します。

 

種類が豊富

ルルルンはレギュラータイプのほかにご当地限定ルルルンや薬局限定ルルルンが多数存在します。栃木はいちごのルルルン、北海道はラベンダーのルルルンなどなど…。

自分用のお土産はもちろん、誰かが旅行に行くときに「ルルルンあったらお土産に買ってきて」と言えばまたルルルンストックを蓄えることができます。

 こうしてまた1人、ルルルンユーザーが増えていく

というふうに、いろんな理由が重なって私は毎日パックをする生活を続けられています。公式キャラのルル子みたく、お風呂上りにぼんやりスマホ見ながらルルってます。ホルモンバランスが崩れたりで肌荒れが多かったのですが、最近気持ち落ち着いたような…。安い分、高い美容液やマスクのような劇的な効果は感じられませんが、習慣化が大事だと思うので、しばらくルル子しようと思います。気になったらおためしあれ。

 

いつかルルルンを全種コンプリートしたときにレビューをまた書こうと思います。

 

関連記事

 

sentakubiyori.hatenablog.com

 

広告を非表示にする